大和証券グループが目指す新しいスタイルの「大和ネクスト銀行」

大和ネクスト銀行の評判

大和ネクスト銀行は大和証券グループが運営する、インターネット専業銀行として2010年に設立された比較的新しい銀行です。大和ネクスト銀行は他のインターネット専業銀行とは違い、大和証券を利用しているお客様向けのサービスを充実した、独自性の強いインターネット銀行として営業活動しています。


大和ネクスト銀行はその独自性の強い営業活動を行っていることから、その評価・評判もお客様のニーズにより「良い」「悪い」がはっきりしている銀行とも言えます。


金融機関としての金利だけを見れば、大和ネクスト銀行は数あるインターネット専業銀行の中でも、トップクラスの高金利となっており、お客様からの高い評価を受けているポイントではないでしょうか。とくに普通預金の金利設定が高いことは、利用する側にとっては魅力的なポイントとなります。


大和ネクスト銀行の総合的な評価としては、普通預金や定期預金の金利設定が高く、大和証券グループのインターネット専業銀行であることから、大和証券と連携したご利用により資産運用も手軽に行えるので、高金利で資産を増やして資産運用することに適した資産運用性が高い評価を受けています。


大和ネクスト銀行同士の振込手数料は無料となっており、また、他行宛でも自分名義の口座への振込手数料は無料となっています。他行宛他人名義の口座への振込手数料も。月3回までは無料となっているので、手数料やコストについても高い評価を得ています。


この他にも大和証券グループの銀行であることからセキュリティの評価も高く、大和証券の「ダイワ・カード」のご利用により、大和証券のATMやセブン銀行のATMにより金融取引を行えることから、モバイル性についても高い評価を得ています。


ご利用のお客様からの評判では、何より他の銀行に比べて金利が高いことは人気となっているようです。大和ネクスト銀行ではキャッシュカードの発行はしていませんが、大和証券の「ダイワ・カード」のご利用により、大和証券やセブン銀行、提携金融機関のATMがご利用いただけることも好評です。


大和ネクスト銀行の唯一の欠点とも言える利便性については、大和証券の口座を開設しなければならないところに不便性を感じる評価も寄せられています。大和ネクスト銀行の宿命ともいえるウィークポイントですが、独自性の高い大和ネクスト銀行の経営方針を活用することで、高金利で資産を増やす金融機関として活用できるのではないでしょうか。